マルサン葬儀TOP > 葬儀用語集 > 葬儀用語詳細

あ行

あとかざり|後飾り
葬儀終了後から四十九日までの間、遺骨と位牌を安置して飾る壇のこと。この間に用いる位牌は葬儀で用いた白木の位牌で、四十九日が過ぎたら塗り位牌に変えて仏壇に収める。白木の位牌は檀那寺に納める。後飾り壇のことを「中陰壇」(ちゅういん:四十九日間のこと)とも言う。
用語一覧へ戻る
いえい|遺影
死者の写真や肖像画のこと。
用語一覧へ戻る
いえはか|家墓
墓石に「○○家の墓」と刻まれる墓。家名を刻み、家族または同一姓の親族の遺骨を共同で納める形態の墓。戦前は一族単位が多く、戦後は核家族単位が多くなっている。家墓は、火葬が増えた明治後期から増えて昭和初期以降に主流となった形態で、それまで主流であった個人墓形態に取って代わった。
用語一覧へ戻る
いこつ|遺骨
一般に死者の骨のこと。火葬して骨になったもの、土葬されて骨化したものとがある。刑法で遺骨遺棄が禁じられているが、この場合の遺骨とは火葬の場合、火葬後の骨(焼骨と言う)の中から遺族などにより拾骨されたものを言う。
用語一覧へ戻る
いさん|遺産
死後に遺された財産のこと。土地・家屋・事業用財産・有価証券・現金・預貯金・家庭用財産など金銭に見積もりのできる経済的価値のあるもの。借地権・電話加入権・著作権・貸付金も含まれる。本来の相続財産以外の死亡保険金・各種保険金・死亡退職金もみなし相続財産となる。
用語一覧へ戻る
いぞく|遺族
死者の家族のこと。「遺された家族」が原義。遺族の範囲は、常識的には次のようになる。〔本人が未婚の場合〕本人の親、本人のきょうだい、〔本人が既婚の場合〕本人の配偶者、本人の子供、これに結婚前の家族(親、きょうだい)を加えて考えることがある。広義でも2親等の血族が範囲。
用語一覧へ戻る
いたい|遺体
原義は「遺された身体」。死体は「死者の身体」ということであるが、死体が一般的な表現であるのに対して、遺体は死者と特別な関係にあった遺族・知人などにとっての死体の意。したがって遺体に対しては特別の感情があり、遺体の尊厳が極めて大切にされる。
用語一覧へ戻る
いっしゅうき|一周忌
1年目の命日のこと。
用語一覧へ戻る
いはい|位牌
元は中国儒教の死者の霊の依り代が起源。戒名あるいは死者の名を記した木の札。通常、死亡し僧侶より戒名を授与され、僧侶が白紙に書いた戒名を白木の札の表に貼り四十九日まで用いる。それ以降は塗り位牌に換えて仏壇に納める。白木の位牌を2つ作り、一つは墓にもっていくところもある。
用語一覧へ戻る
えこう|回向
本来は自らが積んだ徳が他に巡らされ、転じて及ぶこと。読経や布施をなし死者にそれを振り向けること。
用語一覧へ戻る
えんばーみんぐ|エンバーミング
日本語で「遺体衛生保全」と訳される。遺体を消毒・防腐・化粧・修復する処置。胸部または大腿部の動脈を小切開し、防腐剤を注入し血液を静脈から排出する。腹部も小切開し、ガスや腸の内容物を排出し、防腐剤を注入する。目や頬、傷口を修復する。処置後10日間程度は腐敗などの遺体変化が生じない。北米では遺体の9割に処置されるが日本での普及率は1%。血液などの廃水処理のための設備が必要。また解剖学の知識や高い技術が必要。外国人を遺体で母国に移送する際にはエンバーミングを義務づける国が多い。
用語一覧へ戻る
おきよめ|お清め
本来は死の穢れを払うという行為。死穢は伝染すると考えられ、これを払うために飲食を行った名残で葬儀後や通夜後の飲食を指して関東地方で使用されることが多い。現代においては表現を改めるべきだろう。
用語一覧へ戻る
おぜんりょう|お膳料
食事の費用のこと。食事の席に僧侶などがつかないで帰るとき、食事を振舞う代用として若干の金額を包んだりする。
用語一覧へ戻る
おとき|お斎
「料理」参照。葬儀や法事の後の会食のこと。
用語一覧へ戻る
おふせ|お布施
「布施」参照。一般的な意味は法要に対する僧侶へのお礼。
用語一覧へ戻る
おわかれのぎ|お別れの儀
火葬のための出棺を前にし棺の蓋を外し、遺族らが遺体と対面し花などを入れて最後の別れのときをもつこと。
用語一覧へ戻る
全葬連 AAA 葬祭サービスガイドライン JECIA個人情報保護協会 JECIA
ページのTOPへ
お問い合せはこちら