マルサン葬儀TOP > 葬儀用語集 > 葬儀用語詳細

さ行

さいし|祭祀
神や祖先を祭ること。「祭祀財産」とは墓、仏壇、神棚などのこと。遺産相続の際に控除される。「祭祀主宰者」とは墓などの祭祀財産を管理したり、葬儀の喪主を務めるなど祭祀を行う者。民法897条に規定がある。
用語一覧へ戻る
さいじょう|斎場
葬儀をする場所のこと。昔は臨時に設営されたが現在では常設の建物の斎場(葬儀会館)が現れている。
用語一覧へ戻る
さいだん|祭壇
告別式用の装飾壇のこと。仏式で主として使用される上部が宮型、寺院建築風の装飾物は昔の葬列で用いた輿(柩を運ぶ道具)が変形したもの。現在では葬儀式の法要・礼拝のための装置という意味と死者を弔うための表現装置という意味があり、後者の比重が大きくなっている。
用語一覧へ戻る
さかき|榊
神事に用いる常緑樹。ツバキ科の小高木。神事の際には正面両サイドに飾られる。枝葉は玉串として使われる。
用語一覧へ戻る
さかさびょうぶ|逆さ屏風
枕元に屏風を逆さに立てる慣習。死者の世界は日常世界と逆と見なす考えから発生した。死者を悪霊から守る、死の異常さを示す、などと説明される。
用語一覧へ戻る
さかさみず|逆さ水
かつて死者に湯灌をしたとき、適温の湯をつくるのに、平常とは逆の手順、つまり盥に先に水を入れておき後から湯を注ぐ習俗。参照「湯灌」。
用語一覧へ戻る
さんこつ|散骨
遺骨を細かく砕きこれを墓地以外の山や海に撒く葬法のこと。法的に確定していないが「葬送を目的として節度をもって行うならば違法ではない」という法解釈が有力。「葬送を目的として」というのは「遺骨遺棄を目的としないで」という意味。また「節度をもって」とは、遺骨に対しての人々の意識(恐怖、嫌悪、尊重)などを考慮して「周辺の人々が嫌がる場所にはしない」ことと、原型を残さないように2ミリ以下程度に粉砕すること、が必要と考えられる。
用語一覧へ戻る
しきじ|式辞
式で述べる挨拶のうち、特に主催者側を代表して行う挨拶を言う。社葬などでは葬儀委員長が式の中心で行う挨拶のこと。
用語一覧へ戻る
しごこうちょく|死後硬直
筋肉が硬化して関節が動かなくなる現象。死後2時間くらいで顎関節に出現、順次全身に及び、6~8時間で手足に認められる。8~10時間までは筋肉に力を加えると軟らかくなるが、また硬直する。およそ20時間後が最も硬直が強い。その後、腐敗の進行とともに硬直は解けていく。
用語一覧へ戻る
しじゅうくにち|四十九日
仏教では死の当日を含め49日間を中陰(ちゅういん)といい、死者の弔いでは極めて重要な期間として位置づけている。死後7日おきに死者を悼む法要を行う。日数は死去した日を入れて計算する。7日めが初七日(しょなのか)、14日めが二七日(ふたなのか)、21日めが三七日(みつなのか)、28日めが四七日(よつなのか)、35日めが五七日(いつなのか)、42日めが六七日(むつなのか)、最後の49日めが七七日(しちしちひ)といい、満中陰(まんちゅういん)となる。この49日を忌中(きちゅう)といい、遺族は身を慎んで死者の弔いに専心すべきとされる。
用語一覧へ戻る
しぜんそう|自然葬
同「散骨」。特に葬送の自由をすすめる会が自然との共生を掲げ行う散骨のこと。
用語一覧へ戻る
しにげしょう|死化粧
死後に遺体に対し顔を整え、髭そりや口紅などで化粧を施すこと。
用語一覧へ戻る
しにしょうぞく|死装束
一般的には遺体に対して最後に着せる服のこと。英語ではフューネラル・ドレスと言う。近年は死装束も多様化し、故人の希望や家族の希望で好みの服を纏うことが多くなっている。日本の伝統的な死装束は仏衣。経帷子を着て、脚には脚絆、手には手甲、足には白足袋に草鞋を履かせ、三途の川の渡し賃と言われる六文銭を入れた頭陀袋をかけ、頭には△の天冠(三角布)を着ける。西方浄土へ旅する修行僧の姿になぞらえた巡礼姿である。仏教徒でも真宗の門徒はこれを着用しない。
用語一覧へ戻る
しにみず|死水
同「末期の水」。
用語一覧へ戻る
しのびて|しのび手
神道の拝礼は2礼2拍手1拝であり、拍手(「かしわで」とも)のとき合格祈願などの通常の拝礼では両手を音を出して叩くが、葬儀のときには両手を合わせる寸前で止め、音を立てない拍手をする。これを「しのび手」と言う。
用語一覧へ戻る
しぼうしんだんしょ|死亡診断書
診察していた患者が死亡したことを判定した医師が発行する死亡証明書。
用語一覧へ戻る
しぼうとどけ|死亡届
人が死亡した時、戸籍を抹消するために死亡診断書または死体検案書をつけて市区町村役所に届け出すること。国内で死亡したときは7日以内、国外で死亡したときには3ヶ月以内に提出する。届出先は死亡者本人の本籍地、届出人の現住所地または死亡地のいずれかの市区町村。
用語一覧へ戻る
しめいしょうこう|指名焼香
葬儀のとき焼香する際に焼香順位に氏名を読み上げて行う方式のこと。
用語一覧へ戻る
しゃそう|社葬
企業が主催して行う葬儀。遺族が費用を負担して行う名目的社葬もある。実質的な社葬の場合、取締役会を開き社葬とすることを議決し議事録に残す。この場合社葬に要した費用は経費として認められる。但し、入院費、戒名に対するお布施、火葬料は個人が支払うべきものとされ、支払った場合は贈与となる。香典を企業が受け取った場合には雑収入に計上する。
用語一覧へ戻る
しゅうこつ|拾骨
火葬」参照。火葬後に焼骨を拾い、骨壷(骨箱)に収めること。「骨上げ」「収骨」とも。
用語一覧へ戻る
じゅかい|授戒
仏弟子とするため戒を授けること。戒を授かることを「受戒」。
用語一覧へ戻る
しゅっかん|出棺
火葬場に向けて柩が出立すること。
用語一覧へ戻る
しゅばつ|修祓
神に祈り罪・穢れ・災いなどを取り去るために行う儀のこと。「祓(はら)い」のこと。
用語一覧へ戻る
しょうこう|焼香
香を炊いて仏に手向けること。香は仏の食物ということで仏教の法要で仏を供養する際に用いる。死者との別れにも用いる。抹香を使う場合と線香を使う場合とがある。浄土真宗では死者の供養するためではなく自らを清めるために行うので、抹香では額にいただくことや、線香では立てることをしない。回数や本数は宗派により異なり1~3。となっている。香は仏教の専売特許ではなく、カトリックでも司祭による献香が古くからあることから、死者との告別に焼香も認められるようになった。
用語一覧へ戻る
しょうこつ|焼骨
火葬して焼かれた骨のこと。
用語一覧へ戻る
しょうごん|荘厳
仏前を整えて飾ること。
用語一覧へ戻る
しょうじんおとし|精進落とし
参照「料理」。かつては忌中は肉食をしないで精進した。四十九日を終えて精進料理を止めることから、四十九日を終えての会食を精進落とし(上げ、落ち)と言った。今はそれを繰り上げ葬儀後に行っているのが通例。
用語一覧へ戻る
じょうすい|浄水
清浄な水。仏前や霊前に供える水のこと。
用語一覧へ戻る
しょなのか|初七日
亡くなった当日を加え7日目に営まれる法事。現在は葬儀終了後に繰り上げて行うことが一般化している。
用語一覧へ戻る
しんしょく|神職
神道における神社で神事に仕える人。「神主」「神官」とも。
用語一覧へ戻る
せいかさいだん|生花祭壇
生花が主になった祭壇のこと。生花(これに草木が加わることもある)だけで祭壇を構成する場合と生花と白木祭壇とを組み合わせて使うこともある。
用語一覧へ戻る
せいしき|清拭
また清拭は、死後にのみ行われるのではなく、患者などの身体を拭き清浄にすること。
用語一覧へ戻る
せいぜんよやく|生前予約
葬儀について生前に依頼することを事業者に本人が申し出ておくこと。事業者の提供する会員システムなどに入会する形を取るが法的拘束力はない。
用語一覧へ戻る
せこう|施行
葬儀の場合、葬祭業者が請け負って葬儀を執り行うこと。祭壇・棺などの葬儀を執り行うために必要な物品の提供だけでなく、葬儀の企画・運営・進行・管理などの役務(人的サービス)を伴って行われる。かつては地域共同体が執り行っていた。
用語一覧へ戻る
せしゅ|施主
葬儀の運営や費用の支払いについて責任をもつ者。通常は喪主とイコールであるが、社葬などの場合には、社葬を主催する企業(の代表者)が施主となり、遺族の代表者である喪主と区別されるケースもある。また喪主が未成年の場合、あるいは高齢者の場合、施主を別に立てることもある。
用語一覧へ戻る
そうぎ|葬儀
葬送儀礼の略。看取り・納棺・通夜・葬儀・告別式・火葬・納骨・四十九日などの喪、と続く、葬儀前から葬儀後に続く一連の死者を葬る作業。
用語一覧へ戻る
そうぐ|葬具
一般的には葬式を行うのに用いる道具のこと。かつては葬列に用いた道具(「野道具」と言った)を指した。野道具が変形したもの、仏具に起源をもつものがある。葬具の特徴は金具は用いず、白木の木工製品か紙製品であること。葬儀は臨時の祭ということからきている。
用語一覧へ戻る
そうけ|喪家
死者を出した家族のこと。古くは儒教で「喪(そう)のある家」を意味し「そうか」と読んだが今は用いられることがない。西日本では「もけ」と読まれ、関東では「葬家」と書き「そうけ」と読まれることもある。
用語一覧へ戻る
そうれつ|葬列
行列を組んで遺体を火葬場または墓地に運ぶこと。運搬機能としては霊柩車に代替され、死の告知・告別という機能としては告別式に代替された。告別式に中心の座を譲る以前には葬列は葬式のメインイベントであった。
用語一覧へ戻る
そんげんし|尊厳死
人間の終末にあたり尊厳をもって死を迎えること。生前に尊厳死の意思表示しておく。有効な治療回復の手立てがないとき本人の生活の質を無視して延命治療するのではなく、痛み緩和の手立ては取るものの、できるだけ自然な死を選択すること。
用語一覧へ戻る
全葬連 AAA 葬祭サービスガイドライン JECIA個人情報保護協会 JECIA
ページのTOPへ
お問い合せはこちら