マルサン葬儀TOP > 葬儀用語集 > 葬儀用語詳細

た行

たまぐしほうてん|玉串奉奠
神道で神前に玉串を捧げ奉じて拝礼すること。玉串は榊の枝葉。
用語一覧へ戻る
ちゅういん|中陰
死後四十九日までの間。「中有」とも言う。「中陰」とは古代インドの人間は輪廻転生するとの考えに基づくもの。誕生の瞬間を「生有(しょうう)」、生きている間を「本有(ほんぬ)」、死の瞬間を「死有(しう)」、死んで次の生を享ける間が49日間あり、これを「中有(ちゅうう)」または「中陰」と呼んだ。参照「四十九日」。
用語一覧へ戻る
ちょうじ|弔辞
告別式で口頭で読まれる故人を弔う文章のこと。「弔詞」とも言う。
用語一覧へ戻る
ちょうでん|弔電
遺族に向けて発信された故人を弔う電報のこと。
用語一覧へ戻る
つや|通夜
本来は死後、葬儀当日の朝まで営まれるもの。夜を徹し営まれることから通夜と言う。今通夜と一般的に言うのは葬儀前夜に行われる法要とその後の会食のこと。
用語一覧へ戻る
つやぶるまい|通夜振る舞い
参照「料理」。通夜の法要の後の会食のこと。かつては通夜に会葬者に飲食を振る舞うことが死者の冥福に貢献すると考えられ振る舞ったことからきている。
用語一覧へ戻る
どきょう|読経
仏教。お経(仏典)を読むこと。「読誦(どくじゅ)」とも言う。「どっきょう」とも。
用語一覧へ戻る
どそう|土葬
遺体を直接土中に埋蔵する葬法。
用語一覧へ戻る
全葬連 AAA 葬祭サービスガイドライン JECIA個人情報保護協会 JECIA
ページのTOPへ
お問い合せはこちら