マルサン葬儀TOP > 葬儀用語集 > 葬儀用語詳細

ら行

らいはい|礼拝
神仏の前で低頭し拝すること。同じ「礼拝」でもキリスト教(れいはい)と仏教では音も意味が異なる。「れいはい(礼拝)」参照。
用語一覧へ戻る
りつれい|立礼
立って礼すること。告別式における会葬者への遺族による答礼を立って行うこと。参照「答礼」。座っての礼は「座礼」と言う。
用語一覧へ戻る
りょうり|料理
葬儀には料理はつきものである。通夜の時に料理を振る舞う習慣(通夜振る舞い)は各地に見られる。中には茶菓子程度とするところもあるが、一般には酒や食事が振る舞われる。通夜時の会食は、死者の前にご馳走を出して再生を願ったものと死者との最後の会食で食い別れ、あるいは、会葬者に振る舞うことにより死者に代わって善をなし死者の供養とするため、という意味があった。現代では、死者の関係者が飲食しながら死者の思い出話などしてゆっくり追悼する席という意味合いが強い。
葬儀終了後の会食は精進落とし(精進上げ)、仕上げ、お斎(とき)、直会(なおらい)、忌中払い、忌中引などとよばれるが、本来は葬列出発時に行われていた死者との別れの食事、葬儀後のお手伝いへの慰労の席などが合体したと思われる。精進落とし(上げ)は本来は四十九日の忌明で行う精進料理を止め、肉食することが繰り上がった行事。お斎は一般に法要後の食事、直会は神道で祭事終了後にお神酒・供物を下げて行う宴会、忌中払いは忌中の死穢の祓いを飲食の力を借りて行うもの、の意。関東では清めということもあるが忌中払いと同義。死が伝染するものと考えられていた時代の、死の恐怖に対抗しようとして行われた行事である。現代では葬儀終了後の宴席は、遺族・親族・関係者および手伝ってくれた人への慰労の席の席という意味合いが強い。
用語一覧へ戻る
りんねてんしょう|輪廻転生
衆生(いのちあるもの)は三界(欲界・色界・無色界)六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道)の世界を迷いの世界を生まれ変わり死に変わりはてしなく流れ行くとの古代インドの思想。この輪廻の生死(しょうじ)を絶ち迷い苦しみを捨て去ることが解脱。
用語一覧へ戻る
れいきゅうしゃ|霊柩車
遺体を運ぶことを専用にした自動車のこと。病院から自宅への搬送に主として使用されるバン型(「寝台車」と通称)、式場から火葬場への搬送に用いられることを主とした用途の装飾を施した特殊仕様車である宮型と洋型、それにマイクロバスタイプで人と同乗するバス型とがある。参照「宮型霊柩車」「洋型霊柩車」。
用語一覧へ戻る
全葬連 AAA 葬祭サービスガイドライン JECIA個人情報保護協会 JECIA
ページのTOPへ
お問い合せはこちら